さまざまな保険プランで将来設計の見直し

社会に出て初めて生命保険への加入という場面に出会います。いろいろなプランを見聞きして、将来設計をイメージし、自分に合ったものを選んでみましょう。

さまざまな保険プランで将来設計の見直し
さまざまな保険プランで将来設計の見直し

さまざまなプランで将来設計

生命保険というと、社会人になってから、あるいは家族を持ってから、子どもが生まれてから入れば十分だと考える人が多いです。
新入社員には必ずといっていいほど保険会社の外交員が営業に来ます。
そこで初めて生命保険の説明を聞き、プランを目にすることでしょう。
それまで思っていた、死亡した時に支払われる死亡給付金、だけではないということがわかる瞬間です。
将来年金として受け取れる給付金、満期になったときに受け取れる給付金です。
ほかにも一定の条件下で入院した時に下りる給付金を特約で付けたり、三大疾病に備える特約を付けたり。
さまざまなオプションも用意され、どのようなプランがいいのか、わからなくなります。
だからこそ外交員にプランの設計書を作ってもらったり、アドバイスをもらったりして比較検討をしていくのです。
自分が何歳くらいで結婚して、子どもをもうけて。
その子どもたちが学校に上がるとき、大学に進学するとき、それぞれのライフイベントを念頭にいれたプランを作ってくれます。
社会に出たばっかりのとき、将来設計を描いている人のほうが少ないでしょう。
その中でライフイベントと言われてもピンとこないことが多いです。
外交員が提示する設計書を見て、少しでもイメージが付いて将来について考えることができれば儲けものです。
保険料が若いうちに加入しておくと安く抑えられる、更新時期の年齢によってはかなりの高額になってしまう、という説明も受けるでしょう。
お給料の使い方がまた定まっていない時期だからこそ、保険料を組み込んだ毎月の支出を考えるのもいいかもしれません。
商品をある程度理解できれば、他者のプランを自分で検討することもできます。
保障内容と費用を念頭に、商品選びができるのです。
性別によっても、女性向けの商品というプランがあります。
知識を付けておけば、自分自身で最適のプランを考えられるようになるかもしれません。
自分に合ったプランを選んで、万が一のときに備えていきたいものです。


Copyright(c) 2017 さまざまな保険プランで将来設計の見直し All Rights Reserved.