さまざまな保険プランで将来設計の見直し

就職先として常に人気ランキングの上位にくるのが金融業会でもある保険業です。その仕事の中身はどのようなものなのか、よく研究してから就職活動に臨みたいものです。

さまざまな保険プランで将来設計の見直し
さまざまな保険プランで将来設計の見直し

理解したい仕事の中身

保険業界は銀行や証券会社と同じ金融業というカテゴリーに分類されます。
大学生の就職したい企業ランキングでも常に上位に名を連ねています。
外交員というと女性のイメージがありますが、男性の外交員ももちろんいますし、女性の管理職ももちろんいます。
外交員はその業界特有の雇用形態であり、賃金形態であることが多いです。
商品開発や資産運用、経営企画や拠点ごとの契約管理、売上管理です。
外交員の指導も正社員の大事な仕事のひとつでしょう。
生命保険は外交員が地域や職場を管轄する場合がほとんどですが、損害保険の場合は外交員というよりも代理店が自動車販売店と提携したり、住宅メーカーと提携したりして販路を確保する場合が多く感じます。
その代理店も、脱サラをして独立起業した人も数多くいます。
商品ごとに定められたコミッションが収入源となり、一時的なものばかりでなく、どれだけ契約が継続しているかも重要な要素のようです。
もちろん社内には総務や経理、人事、広報といった部門もあるでしょう。
また社会貢献や環境保全に力を注いでいる企業であれば、それらを運営する部門も存在します。
その会社でどのような仕事をしているのか、ひと口に語ることができないサラリーマンは大勢います。
またそれが当然かもしれません。
同じ会社でもいろいろな仕事があって、それらがうまく機能してはじめて健全な会社と言えるのではないでしょうか。
就職活動では、企業イメージも大事かもしれませんが、その会社の中身をできるだけ理解して、そこで働く人たちが何をモチベーションにしているのかも考えてみたいものです。

オススメサイト



Copyright(c) 2017 さまざまな保険プランで将来設計の見直し All Rights Reserved.