さまざまな保険プランで将来設計の見直し

年末調整で、保険料控除を受けることができます。保険というものはそれだけ多くの人が加入し、利用している証拠であり、また必要なものだという証拠ではないでしょうか。

さまざまな保険プランで将来設計の見直し
さまざまな保険プランで将来設計の見直し

年末調整での控除

年末調整とは、給与所得者、いわゆるサラリーマンが1年間の所得を申告して、所得から控除されるべき金額を差し引いて所得税の対象となる金額を算出し、毎月の給与から源泉されている所得税の還付を受けたり、あるいは追加で徴収されたりする制度です。
本人控除や家族控除、社会保険料控除や民間の生命保険等の保険料控除、たいていの場合は、所得税の還付を受ける対象となるでしょう。
それだけ保険というものは必要不可欠のものであり、その費用を一定額、所得から控除できるシステムが構築されているのです。
ほかにも控除の対象となるのが住宅ローンです。
居住部分の住宅ローンにかかる割合と残高から上限が定められた一定の割合で控除を受けることができます。
前述の控除は、所得金額から費用を控除して課税対象となる金額を割り出すのですが、住宅ローン控除の場合は、算出された所得税額から直接差し引いてくれるのです。
ほかの控除項目と比べると、断然お得な控除となっています。
もちろん給与所得以外の所得があれば、確定申告をします。
給与所得もある場合は合算をしますが、その際は基本的には給与をもらっている会社では年末調整をせずに源泉徴収票をもらい、それをもって確定申告に臨みます。
会社で年末調整をしてしまっても、その結果もらう源泉徴収票をもって確定申告をすれば、正しい納税額を計算してくれます。
国に納める所得税だけでなく、控除は地方自治体に納める住民税にも適用されます。
正しい知識と正しい申告を心がけましょう。

オススメサイト



Copyright(c) 2017 さまざまな保険プランで将来設計の見直し All Rights Reserved.