さまざまな保険プランで将来設計の見直し

自分が要介護状態になったとき、さまざまな介護サービスを利用すれば、家族の介護への負担が少しでも減ります。それには費用もかかります。公的支援だけではなく、自らその備えをして

さまざまな保険プランで将来設計の見直し
さまざまな保険プランで将来設計の見直し

介護の負担を軽減

国の制度とは別に民間の保険会社が商品として販売している介護保険というものもあります。
認知症や寝たきりの状態になったときなど所定の要介護状態になった場合に介護一時金として給付されたり介護年金として月々の給付を受けたりという、介護保障を商品としたものです。
介護状態によりますが、デイサービスを利用したり、老人ホームのショートステイを利用したり。
さまざまな形で支出が増えるのは避けられません。
公的な支援はもちろんあります。
ただ、自己負担分というものももちろん設定されています。
それを補うためにも、あるいはもっと高額なサービスを受けるためにも、自分で将来に備えることも考えなければいけません。
要介護状態が高くなれば特別養護老人ホームといった施設への入所も検討するようになるでしょう。
自宅での介護の大変さは、日頃あちこちで耳にします。
食事や排泄、入浴や移動など、どれをとっても介助をするのは大変です。
介助者からしてみれば大切な親であるかもしれませんが、自分の体や精神を痛めては元も子もありません。
プロのサービスに頼ることもひとつの考え方です。
そういった将来の状態を考えて、自分の子どもたちの、自分への介護に対する負担を考えて、まだ介護が必要ではない状態のうちから、こういった介護を保障してくれる商品に目を向けてみるのもいいのではないでしょうか。
もしかしたら、想像もしていなかった将来像が見えてくるかもしれません。

オススメサイト



Copyright(c) 2017 さまざまな保険プランで将来設計の見直し All Rights Reserved.