さまざまな保険プランで将来設計の見直し

海外に滞在している人はどのような保険で備えているのでしょうか。住民票が日本にあれば国保でも対応可能です。海外転出していれば、自分で民間の保険に加入して万が一に備えるのがい

さまざまな保険プランで将来設計の見直し
さまざまな保険プランで将来設計の見直し

海外滞在時への備え

海外で生活する日本人はどのような保険に加入しているのでしょうか。
国保や会社の健保に成人全員が加入する日本とは対照的に、海外には国民皆保険制度がない国も多くあります。
病院にかかれば、診察代や治療費は全額自費ということです。
そこでその国の人たちは民間の保険会社の商品に加入し、治療費などの補償を受けるのです。
保険料を支払う余裕のない人たちは病院にもかかれずに、病を悪化させてしまうケースも出てきます。
では、海外で暮らす日本人はどうしているのか。
住民票を日本に残している短期渡航者であれば、日本の国保などで、一時的には全額負担をすることになりますが、医療費の還付請求をすることができます。
注意しなければいけない点は、日本の医療機関にかかった場合の医療意を基に計算されるので、実際にかかった費用に対して何割の還付、ということではありません。
日本から転出届けが出て海外で暮らす日本人であれば、民間の海外旅行時に何かあれば補償してくれる商品や、その国現地の民間の商品に加入したりしています。
備えあれば憂いなし、と言いますが、万が一への備えは必要です。
思いもよらないトラブルやアクシデント、ハプニング、それが万が一なのです。
まずは海外に滞在する場合、自分がどのような状況下に置かれることになるのか、そこで適用される保障は何なのかをしっかり理解して把握することが大切です。
海外であればその国の言葉でのやり取りにも不安が残るでしょう。
いろいろ調べて最良の選択ができるようにしましょう。

オススメサイト



Copyright(c) 2017 さまざまな保険プランで将来設計の見直し All Rights Reserved.