さまざまな保険プランで将来設計の見直し

一度加入したら保障内容や契約の見直しはなかなかしません。でも実際には家族構成が変わったり、年齢が上がったりして、何かしらの変更点は出てきます。定期的に契約の見直しをしてみ

さまざまな保険プランで将来設計の見直し
さまざまな保険プランで将来設計の見直し

定期的な保障の見直しの必要性

テレビコマーシャルで、街頭での保険料算出を一般人にコンピュータで行ってもらい、その金額の安さをアピールしているものがあります。
一度加入してしまえば、なかなか見直しをしないのが現実です。
死亡時の保障や入院、手術のときの保障、がんや三大疾病に対する保障です。
自動車などの損害保険もまた同じです。
一度加入して無事故無違反を続けていれば自然と保険料の割引率が高くなり、その結果、費用も抑えられる制度で安心しきっていたりします。
しかし実際には環境は変化していっているはずです。
免許証の色がゴールドになったり、自分が年を取り、運転者の年齢や配偶者などの年齢も上がり、運転者に年齢制限を設けることができたり、そうするだけで費用は抑えられるのです。
自動車を買い替えればもちろん契約している保険会社にも告知をします。
そのときにアドバイスを受ける場合もあるでしょうが、自分でも契約内容をしっかりと把握しておくことが大切です。
運転者を自分と配偶者だけに限定する、運転者の年齢を限定する、自家用車の使用目的が変更になった、などはすべて費用を安く抑えるきっかけになるかもしれません。
あるいは、対物や対人補償を引き上げたり、免責金額を低くしたりと、費用を抑える目的ではなく本来の保障の目的自体を見直すということも必要です。
死亡給付金や年金なども実は同じです。
子どもが独立したから残すお金は少なくてもよくなった、などの家庭環境の変化も見逃さないようにしたいものです。


Copyright(c) 2017 さまざまな保険プランで将来設計の見直し All Rights Reserved.